10年日記
10年後に、「あんなこともあったな」と楽しく振り返ることを目標に、日々の記録をつけていきます。
Jaws ライブ情報!

08/02/16 @Angelo(横須賀中央) 済 08/09/06 @おれんじや(津久井浜) 済 09/02/21 @Angelo(横須賀中央) 済 09/04/29 @Heart&Soul(横浜市関内)済 09/09/19 @おれんじや(津久井浜) 済 09/10/31 @かながわアートホール 済 10/02/07 @Hit Studio 60's(東京)済 10/02/20 @Angelo(横須賀中央) 済                 10/03/21 @Heart&Soul(横浜市関内)済 10/07/31 @すきっぷ広場(センター南) 済 10/09/11 @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/5  @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/26 @Ginz(東京調布)  済

11/02/19 @Angelo(横須賀中央) 済              11/07/31 @Heart&Soul(横浜市関内)済 11/09/23 @おれんじや(津久井浜) 済     11/11/20 @クロコダイル(原宿) 済 12/03/24 @Angelo(横須賀中央) 済 12/05/05 @BLUEMOOD(汐留) 済 12/11/04 @三浦初声市民ホール 済



Profile

くろまめ

Author:くろまめ
2007年から10年間、
日々の出来事を書きとめていこうと
思いますので、よろしくです!

【プロフィール】
・妻1人、子2人でブラジルに住む40歳
・趣味はウインドサーフィン・ギター等
※プロフィール写真は見知らぬ外人です



Jaws ライブ映像(クリック!)

①Jawsライブ映像 ダイジェスト

②11年9月 @おれんじや のライブ映像    ③11年11月 @クロコダイル1 のライブ映像 ④11年11月 @クロコダイル2 のライブ映像 ⑤12年5月 @BlueMood1 のライブ映像 ⑥12年5月 @BlueMood2 のライブ映像 ⑦12年5月 @BlueMood3 のライブ映像



Count



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



Items



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



ギター購入
皆さんこんにちは。

先日のブログでレポートしたように、バ●息子たちに愛用のジアニーニを壊されてしまったので、
ブラジリアンギターを新調すべく、サンパウロの楽器街のTeodoro Sampaioに行ってきました。

このストリートは、東京でいうと御茶ノ水のようなイメージで何十件もの楽器屋がひしめき合って並んでいます。
今回の狙いはハカランダボディーのブラジリアンギター(ナイロン弦)。
ハカランダは別名ブラジリアンローズウッドで、今は条約の規制があり、
入手性が困難なとても貴重な素材なのです。
固く音の反発が良いので、クリアな音色で鳴りが非常に良いと言われています。

まず一軒目はサンパウロでは多店舗展開しているMade in Brazilに行ってみました。
そこで、店員に国産かつハカランダのギターはないかと聞いてみたところ、
どうやら今はほとんどのブラジルメーカーは中国で生産して、そもそも国産は稀有。
さらにハカランダとなると新品ではほぼ入手困難、中古で探すほかないとのことでした。
とりあえず、この店にはないとのことなので、次々と20件ほどお店を廻りましたが、
そもそも国産ギターに巡り合えたのはGianini、Tajimaの数点。
それらは新品、中古含めて、残念ながらハカランダではありませんでした。

2時間を費やし、ほぼ諦めかけてそろそろ帰ろうかと、脇道に入ってみると
小さいお店ながら、中古ギターを扱っているお店がありました。
店内に入ってみると、中央に飾ってあるなにやら魅力的なギターが。。。
お、なかなか美しいDI GIORGIO(ディ・ジョルジョ)の中古です!
DI GIORGIOは、かつて、ジョアン・ジルベルト、バーデン・パウエル、トッキーニョや、
その他一流ギタリストたちが使用した、ボサノバの代名詞的な老舗ギターメーカーです。
早速、店員に聞いてみると、1977年製でお目当てのハカランダボディです。
保存状態も良く、バックサイドの木目および装飾も美しい。
素材、デザインは◎なので、あとは肝心な音ですね。

以前に何回かDI GIORGIOのギターを店頭で弾いたときは、
音量が小さくモヤッと篭った印象の音色で、あまり好きになれませんでしたが、
このギターはクリアで音抜けが良いです。こんなに違うものかと驚きました。
恐らく、以前に弾いたものは新品だったので、中国製のものだったのでしょう。
やはり、最盛期の頃に手をかけて造られて、さらに素材が良いものは出来が全く違います。

2,890レアル(約12万円)と少々値ははりましたが、
このギターの希少性、そして品質の良さを踏まえると、
ここで買わなきゃ絶対後悔する!と即決しました。

本場ブラジルでもこれだけ苦労して見つけたこのブラジリアンギターは、
日本ではまず手に入らない品ですが、もしも手に入ったとしても、
3~4倍の価格はするのでしょう。

今度は、絶対に子供達の下敷きにならないように、細心の注意を払います!!!

では!!!

IMG_2627.jpg

IMG_2624.jpg

IMG_2626.jpg
※正真正銘の1977年生 ブラジル産のDI GIORGIOです。貴重!




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kurokomame.blog87.fc2.com/tb.php/443-d9640a9c