10年日記
10年後に、「あんなこともあったな」と楽しく振り返ることを目標に、日々の記録をつけていきます。
Jaws ライブ情報!

08/02/16 @Angelo(横須賀中央) 済 08/09/06 @おれんじや(津久井浜) 済 09/02/21 @Angelo(横須賀中央) 済 09/04/29 @Heart&Soul(横浜市関内)済 09/09/19 @おれんじや(津久井浜) 済 09/10/31 @かながわアートホール 済 10/02/07 @Hit Studio 60's(東京)済 10/02/20 @Angelo(横須賀中央) 済                 10/03/21 @Heart&Soul(横浜市関内)済 10/07/31 @すきっぷ広場(センター南) 済 10/09/11 @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/5  @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/26 @Ginz(東京調布)  済

11/02/19 @Angelo(横須賀中央) 済              11/07/31 @Heart&Soul(横浜市関内)済 11/09/23 @おれんじや(津久井浜) 済     11/11/20 @クロコダイル(原宿) 済 12/03/24 @Angelo(横須賀中央) 済 12/05/05 @BLUEMOOD(汐留) 済 12/11/04 @三浦初声市民ホール 済



Profile

くろまめ

Author:くろまめ
2007年から10年間、
日々の出来事を書きとめていこうと
思いますので、よろしくです!

【プロフィール】
・妻1人、子2人でブラジルに住む40歳
・趣味はウインドサーフィン・ギター等
※プロフィール写真は見知らぬ外人です



Jaws ライブ映像(クリック!)

①Jawsライブ映像 ダイジェスト

②11年9月 @おれんじや のライブ映像    ③11年11月 @クロコダイル1 のライブ映像 ④11年11月 @クロコダイル2 のライブ映像 ⑤12年5月 @BlueMood1 のライブ映像 ⑥12年5月 @BlueMood2 のライブ映像 ⑦12年5月 @BlueMood3 のライブ映像



Count



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



Items



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



ペルー3日目
ペルー3日目です。

今日は朝はラマとアルパカの飼育園に立ち寄り、その後、Pisacの土産物市へ。

飼育園といっても、観光地になっていて、餌付けをすることができ、餌付け用の草を差し出すと、可愛い容姿とは裏腹に物凄い勢いで食いついてきます。
ヒロは後退りしながら、何とか餌付けしてました。
アルパカは柔らかな高級繊維で有名ですが、ラマの子供の毛も人気があるそうです。
あと、食用になるらしいです。(汗)

その後のPisacのマーケットは、物凄い露店の数で与えられた1時間では全部を回ることができませんでしたが、ペルーの織物やアクセサリーなど、他の国では手に入り難いもので溢れていました。

特にインカクロスというインカに伝わる象徴的形状が色々なものに象られていました。
インカクロスは、天(守神:コンドル)、地(守神:プーマ)、地下(守神:蛇)という、3つの世界から成り立っているそうです。



さて、マーケットでのショッピングの後は、聖なる谷と言われるオリャンタイタンボを訪れました。
オリャンタイタンボは、インカ帝国の砦の遺跡で、17段の段々畑が印象的です。

この地は標高が3000m近くあり、遺跡内の階段をひたすら登るので、ちとハードなトレッキングです。
ただ、迷路のようになっていて、また、どこからみる風景も絶景で飽きないです。
マチュピチュはアマゾンの入り口近くにあるので緑に囲まれた遺跡でしたが、オリャンタイタンボはまさにアンデスの山の上の空中都市。緑はほとんど無く、茶色の砂が舞っています。

そんなこんなのペルーの旅でしたが、本当にタイムスリップしたような感覚で、とてみ貴重な体験でした!!




※アルパカに餌付け。食い付き良すぎ。。。





※Pisacのマーケット











※オリャンタイタンボ



※ちなみにこちらが高山のお供のAcetazolamida。
クスコ3泊しましたが、お陰様で家族一同、高山病には無縁でした。
強い薬のようなので、使用の際はお医者さんに事前に相談くださいね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kurokomame.blog87.fc2.com/tb.php/465-d995415e