10年日記
10年後に、「あんなこともあったな」と楽しく振り返ることを目標に、日々の記録をつけていきます。
Jaws ライブ情報!

08/02/16 @Angelo(横須賀中央) 済 08/09/06 @おれんじや(津久井浜) 済 09/02/21 @Angelo(横須賀中央) 済 09/04/29 @Heart&Soul(横浜市関内)済 09/09/19 @おれんじや(津久井浜) 済 09/10/31 @かながわアートホール 済 10/02/07 @Hit Studio 60's(東京)済 10/02/20 @Angelo(横須賀中央) 済                 10/03/21 @Heart&Soul(横浜市関内)済 10/07/31 @すきっぷ広場(センター南) 済 10/09/11 @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/5  @おれんじや(津久井浜) 済 10/12/26 @Ginz(東京調布)  済

11/02/19 @Angelo(横須賀中央) 済              11/07/31 @Heart&Soul(横浜市関内)済 11/09/23 @おれんじや(津久井浜) 済     11/11/20 @クロコダイル(原宿) 済 12/03/24 @Angelo(横須賀中央) 済 12/05/05 @BLUEMOOD(汐留) 済 12/11/04 @三浦初声市民ホール 済



Profile

くろまめ

Author:くろまめ
2007年から10年間、
日々の出来事を書きとめていこうと
思いますので、よろしくです!

【プロフィール】
・妻1人、子2人でブラジルに住む40歳
・趣味はウインドサーフィン・ギター等
※プロフィール写真は見知らぬ外人です



Jaws ライブ映像(クリック!)

①Jawsライブ映像 ダイジェスト

②11年9月 @おれんじや のライブ映像    ③11年11月 @クロコダイル1 のライブ映像 ④11年11月 @クロコダイル2 のライブ映像 ⑤12年5月 @BlueMood1 のライブ映像 ⑥12年5月 @BlueMood2 のライブ映像 ⑦12年5月 @BlueMood3 のライブ映像



Count



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



Items



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



Chapada do Veadeiro に行きました♪(v^_^)v
3泊4日で Chapada do Veadeiroに旅行に
行ってきました。
日本人にはボニートやレンソイスなどが
お決まりの自然満喫系の観光スポットですが、
ブラジル人にとっては Chapada do Veadeiroは
それらに並ぶくらい人気のある場所のようです。

Chapada do Veadeiroは ブラジリアから
車で2時間半走った場所にある
超どデカイ自然公園で、乾期は雨がほぼ降らず
カラカラに乾燥しています。

そんな中、各所にオアシスのように
滝や泉があり、それらのポイントが
観光名所になっています。
現地ローカルガイドによると、
お勧めシーズンは乾期だそうです
(7-11月くらい?)。

オアシスに辿り着くまで
かなりワイルドな山道をトレッキングする
ケースが多く、雨季に入ると 足元が滑って
危険だからです。
10月はベストなタイミングだったようです。


我が家は空港からレンタカーで
向かいましたが 現地に到着したのが
14時くらいだったので、
初日は宿の近場にある Vale da Lua に
行きました。
Luaは月を意味するようで
火山の影響か月面のクレーターような
不思議な地形を10分くらい歩くと
水が流れる音が聴こえてきて
岩の間にできた大きなくぼみに
小さな泉が出来ています。
流水なので、かなり冷たいですが、
トレッキングで一汗かいた身体を
冷ますには良いかも。
子供達は水中メガネ持ってきて
良かったです(^_^)a






二日目は、宿の近場をガイドさんを
頼んで行くことにしました。
Luanさんは英語が喋れて1日250レアルで
ガイドしてくれました。
午前に行ったのは São bentoという滝。
崖に近い急斜面のトレッキングで
ちょいハードでしたが
20分くらいにある展望台で一息つくと、
そこには岩肌を流れ落ちるダイナミックな
滝とその下には美しい泉の大パノラマが
広がります。
そこからさらに数分歩くと、
さきほど上から眺めた泉に到着。
これまた水は冷たいですが、泳ぐでしょ!
充分泳いだ後は滝の上流に移動し
さらに綺麗なせせらぎに行きました。





午後は近くのAlmecegasⅡという
ポイントに行きましたが、
ここはほぼトレッキングなしで超楽チンです。
São bento同様 大きな滝と泉で時間を
過ごしました。



この隣接する二つのポイントは
雰囲気は似ているので、
時間がなくどちらか一方だけという場合は
São bentoが特にお勧めです。
(赤ちゃん連れの場合はAlmecegasⅡ)

三日目はメインイベントのSanta Barbaraに
行きました。
ここはガイド必須のポイント。
また、1日の入場制限が300人と
決められていて、
朝早く行かないと入場できないリスクあります。
しかも、中心地から車で2時間半と遠い😵
それでも多くの人が訪れる理由は
その泉の特別な美しさにあります。
ここだけは鉱物の関係で
サファイアブルーの泉なのです!
そんな神秘的な秘境を一目拝もうと
多くの人が訪れます。

我が家は早朝6:00に宿を出て
8:30過ぎに現地に着きました。
それでも連休ということもあり、
230番目。。。
もう少し遅れたらアウトでした。
あぶないあぶない。

入場の権利は確保できたのですが、
一気に入れることはできないようで
午後の順番になりました。

それまでの時間を利用して
ガイドさんお勧めの近くにある
Capivaraに行くことに。
ここも結構険しい崖を通って行きますが、
その奥にある泉はエメラルドグリーンに
透き通っていて、素晴らしいの一言!
水の透明度は 私たちが行った中で、
ナンバーワン!
上位のお勧め度です。(^^)








さらに 午後は本命のSanta Barbara へ。
平地と山道を合わせて20分程度の
トレッキングの後に
ついに辿り着きました「蒼い泉」に。
そこに光が射し込むと
それはそれは本当に神秘的です。
深い谷間にあるので、正午前後が
縦から光が差込むベストタイムです。

蒼い泉での滝修行はオツなものでした。
(^∇^)






そんなこんなでChapada do Veadeiroを
満喫してきたわけですが、
日本人観光客とは一人も
出会いませんでした。
こんなに素晴らしいところなので
日本人向けの旅行代理店も
そのうち目をつけるかも知れませんね。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kurokomame.blog87.fc2.com/tb.php/510-e85b0e4d